Dr.石川眞樹夫の自然療法の智慧

 

こんにちは。カモミラ@長内優華です。

Dr.石川眞樹夫の自然療法の智慧の講座を開いていただきます。

 

歩くグーグル先生とも言われている石川眞樹夫先生のお話し会です。

自然療法クリニックをやっていらっしゃる先生の智慧を聞きませんか?

質問も大歓迎です。先生は集まった方に合わせていろいろなことが講義できます!!

9月30日9時~12時 5000円

場所 東京都品川区西五反田

お申込みはこちら

http://www.reservestock.jp/events/144279

***************************

石川眞樹夫先生のプロフィール

9bcf3b_8a392668f05a4d16b4a97e1d0388f74a

http://bach-naturopathy.wixsite.com/clinic-sapporo 
昭和37年2月12日 秋田県秋田市生まれ、秋田県横手市育ち。

S63年秋田大学医学部卒業
明和会秋田中通病院で内科一般(呼吸器内科、循環器内科、血液内科、消化器内科)産婦人科、救急医療(小児科を含む)のローテート研修を初期研修として終了。その後、勤務医として精神科外来と心療内科外来を担当。32歳以降のもっぱらの専門は在宅医療とターミナルケア、心身医学。

 

秋田県横手市の厚生連平鹿総合病院で消化器内科と糖尿病外来、消化管内視鏡の中期研修。この時期に院内と並行して在宅でのターミナルケアを開始。

 

 

 

その後一般内科医となり、ターミナルケアの専門的経験を求めて H4年から約2年間上尾甦生病院(あげおこうせいびょういん)に勤務。在職中に内科医長となり、内科病棟の管理をしながら、ホスピス医療を研修。緩和ケアに関しては、リフレッシュ研修として、平成27年に北海道緩和ケア研修会を受講し終了。

 

32歳以後は、北海道るべしべ郡 温根湯で温根湯温泉クリニック院長と 東京都渋谷区で マインズタワークリニック院長を経験。
H8年から西川医院副院長として神奈川県逗子市の住民となり
H9年6月 医療法人聖岡会新逗子クリニックを開設し、平成24年まで15年間、理事長兼院長として同法人を運営。

 

H25年1月からH26年12月札幌市琴似の札幌パートナークリニック副院長として勤務。

 

H27年1月から11月市立根室病院に内科部長兼在宅診療責任者として勤務。

 

H27年12月札幌市中央区山鼻にバッチ自然療法クリニックを開設。

 

 

 

趣味は、スキー、スキューバダイビング、オートバイでのツーリング。

 

その他の趣味は旅行、ドライブ、読書など。

 

 

 

幼児期を雪深い米の名産地、秋田県横手市で過ごし、お寺の幼稚園に通い、お釈迦様に帰依。20歳時にキリスト教の洗礼を受け、洗礼名もあるが、本人は「不二一元論者の仏弟子です」と語る。 ユング心理学、トランスパーソナル心理学などを学んだ本人にとってはすべて矛盾のない事らしい。

 

 

 

1997年9月にバッチフラワー国際教育プログラムのレベル3を英国本国で受講。

 

以来バッチフラワーレメディーを臨床で本格的に使用。

 

バッチホリスティック研究会理事で医療顧問。

 

ライフトラックと神経言語プログラミング(NLP)をリチャードバンドラーの弟子、Anna Suil師の指導下で研修。NLPマスタートレーナー。
2004年春から国際アントロポゾフィー医学ゼミナールに参加。

 

アントロポゾフィー医学の基礎研修終了。
2009年7月からNPO法人日本エドガー・ケイシーセンター理事。

 

 

 


クリニック紹介

北海道で初めての、バッチフラワーレメディの医学的アドバイスと治療のための個別的な食事指導が受けられる自然療法クリニックです。多剤内服を併用している方のお薬を減らし、合併症を予防するお手伝い。未病状態での健康アドバイス、難病治療などを引き受けます。午前中は、普通の保険診療での処方も致します。かかりつけ医としてご活用ください。

 

 

 

院長石川眞樹夫は1996年にイギリスでバッチフラワーレメディプラクティショナーとしての訓練を終え、日本人医師として最初の国際登録プラクティショナーになり、2012年まで神奈川県逗子市でかかりつけ開業医として在宅医療とターミナルケアにバッチフラワーレメディを用いる自然療法内科医として活躍して来ました。

 

 

 

2015年12月、御縁を頂き中央区山鼻で、漢方診療、食事療法、バッチフラワーレメディ、ごしんじょう療法、若石式足底療法を用いる自然療法クリニックをオープン致しました。

 

 

 

合併症をかかえ、多くの処方薬を服用しているご高齢の方々や、難治性のアレルギー疾患・難病で苦しむ子どもさん達などの療養を支援し、少しでも薬剤の使用を減らして健康を維持出来るよう研究を続け、実績を重ねて来ました。札幌市山鼻で、この成果を皆様に提供させて頂きます。

 
午前中は内科外、漢方、小児科、心療内科の保険診療を行い、平日午後と夜間18時から21時、ならびに週末は、「自然療法の自費診療」を行っています。

 

 

 

皆さん一人一人の健康な生活を末永く維持するために、あらゆるご相談に応じます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ