ヒーリングとは? ヒーリング能力を高めるには?

ヒーリングとは?

いやすこと。いやし。治療。治癒。特に、ストレスなどで病んだ現代人の心身をいやすこと。

などと一般的には説明されています。

しかし、シータヒーリングでいうヒーリングとは、再創造または創造なのです。

 

シータヒーリングのヒーリング能力を高めるにはちょっとしたコツがあります。

この続きは下記をクリック

この続きを読むクリック

 

タグ

家族の持っている見えない思い込みの制限に縛られてる?~ファミリータイズ~

生まれてからこの世界で適応して生きていこうと私達はいろいろな価値観を身につけていきます。

とくに、幼児期には脳波がシータ波になっている時間が多く、親の言ったことが容易に思い込みとして入ってきてしまいます。これが、思考の核のレベルである前頭葉のところに蓄えられます。また、先祖の思い込みも松果体のDNAの形態形成場に情報が入っています。7世代より前の先祖は歴史的レベルであるオーラのところに情報があります。

例えば、私の場合

「女が家事をしなければならない」という思考パターンを持っていました。その結果、結婚して仕事をして疲れて帰ってきても、横になって休むことが出来ず、38度の熱があっても家族のためにご飯を作り洗い物をして、ゆっくり休むことができませんでした。ゆっくり休むのは気が引けたのです。その結果、動けなくなる甲状腺機能低下症やリウマチになってしまいました。でも、甲状腺機能低下症と診断されたときにほっとした思いをもったのを覚えています。「これで休める」と。何か理由がないと休めなかったのです。その結果、どうなったかというと、リウマチで指が曲がり骨もやられていたので思うように家事ができなくなって、主人が家のことを手伝うようになったのです。自分にとっては病気という正当な理由で手伝ってもらえるようになったのです。これが、病気になって役に立ったこと。

「女が家事をしなければならない」の思い込みは先祖から代々引き継がれたものでした。

シータヒーリングでは思い込みを置き換えることができて、例えば「女が家事をしなければならない」は義務になってしまっているので、これを「女が家事をすることも選択できる」と選択できるような思考パターンに変えてしまえば、病気を作ってまで休もうとしなくても休みたいときに横になって休むことができます。病気である必要性がなくなるので、病気を手放すことができます。

親や先祖の思い込みだけでいったいどれくらいの思い込みが私達に入っているのでしょう!

自分のものではない家族や先祖の思い込みがあるために、それが制限となってしまって、本当の自分でいられなくなってしまっているかもしれません。

人生流されるままで、そこから動けなくてどうにも変えられないと思い込んでしまっているかもしれません。

そうではなく、潜在意識にある思考パターンを変えていけば、どんどん自分の人生を創造していくことが可能になります。

ファミリータイズでは家族や先祖に特化してクリアリングをしていきます。

そして、自分への愛が満ち足りて、幸福な感覚になり、その幸せが周りの人の幸せ、この世界の幸せ、地球の幸せにつながっていきます。

ファミリータイズ

3月11日12日10時~17時 東京都品川区 開催

詳細・申込みは下記をクリック↓

http://www.reservestock.jp/events/170818

 

華茂未来(カモミラ)のホームページ

トップページ

 

タグ

このページの先頭へ