私のスキンケア&ヘアケア~シャンプー編~

今回のスキンケア&ヘアケアは頭の洗い方についてです!
昔の私もそうなのですが、肌や髪に負担をかける洗い方をしている人が意外と多いのです。
負担をかける洗い方をしていると
・フケや頭皮トラブルが多くなる
・髪がパサつく
・皮脂が多くなってべたつく
・髪が傷む
などなど…多くのトラブルの原因となります。
では!
負担をかけない頭の洗い方の紹介です!
1.髪をとかす1fd2a3154da0342480feb9e658f22da6_s
お風呂に入る前に髪をしっかりとブラッシングします。
こうすることでほつれが取れて洗いやすくなり、汚れも浮いてきます。
2.手をしっかり洗う
手が汚れたままだとシャンプーが泡立ちにくくなります。
3.頭をお湯で流す(予洗い)
短くても1分ほど流します。
この時点で汚れはほぼ落ちています。
4.シャンプーを泡立てる
髪に直接つけずに、泡立ててから髪につけていきます。
皮脂や汗のたまりやすい後頭部の内側から洗います。
てっぺんの方は紫外線などの影響で傷みやすいので、シャンプーは最低限にします。
洗う時間は1分ほどに止めます。
長い時間シャンプーがついていると、皮脂などを取りすぎてしまいます。
5.お湯で流す
2~3分ほど流します。
このときも後頭部の内側を重点的に。
頭を洗う時にはお湯の温度を36~37度くらいにします。
温度が高すぎると必要な皮脂まで流してしまいます!
意外と温度が低いかもしれませんね。
なので湯船でしっかり温まってから洗いましょう!
洗う時には絶対に爪を立ててはいけません!
頭皮を傷つけてしまいます!
それとシャンプーのポイント♪
実は毛先までシャンプーをつけて洗わなくていいのです!
頭皮を洗うためのシャンプーなので、頭皮をマッサージするように洗います。
ワックスやスプレーなどの整髪料を毛先に使ったときにはシャンプーで洗う方がいいのですが、
何もつけていないときには毛先はお湯で流すだけでいいのです。
私は髪が長くて傷みやすいので、
なるべく毛先のシャンプーを減らすためにも整髪料は一切使いません。
まとめたいときにはオイルをうっすらつけます。
シャンプーの泡立ては洗面器にシャンプーとお湯を入れて泡立てると、
手だけで泡立てるよりたくさん泡立てられますよ!
私は100均(ダイソー)の泡立て容器を使って泡立てています。
綿棒のカップみたいな容器にシャンプーとお湯を入れて、
蓋についている棒を使って泡立てます。
簡単に濃密な泡ができるので楽ちんですよ!(*^^*)
爪を立てながらシャンプーする人は、
「この世界から浮いてしまう」
「現実逃避したい」
このような思考が関係している場合もあります。
自分の髪の洗い方に何か思考が出ているか
探してみるのも面白いかもしれませんね!
次回は髪の乾かし方を紹介します♪

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ