自然に癒されながらプラントセミナーin長野 参加者募集! 

こんにちは。カモミラ@長内優華です。 suirin

10月に予定しているプラントセミナーの企画が決定いたしました。

ここ長野にある水輪さんのエネルギーは素晴らしいです。

一度ご縁をいただいて行かせていただきましたが、妖精さんや精霊さんがたくさんいて、エネルギーがとても素晴らしかったので、プラントのセミナーをやるときには是非ここでやりたいと思いました。

ホピ族言い伝えのストーンサークルから200mは聖地らしく、それがあるせいなのか、その場所のエネルギーは調和がとれていて、自然に心が喜びます。以前に行かせていただいたときには喜びでテンションがあがりまくりました。

植物たちも生き生きとしています。

この素晴らしい場所で自然から学んでください。

 自然に癒されながらTheta Healing Plants @ 長野 水輪

 

★日時 10月2~3日(1泊)nagano

★セミナー受講料:20,000円(前金)

宿泊代金:12,800円(前金)

高速バス新宿―長野 往復5,800円(当日)

タクシー代片道4000円÷人数=1000円程度(当日)

温泉に行かれる方は入浴料500円。(当日)

酵素を作る人は材料費がかかります。(当日)

 

★参加条件 応用DNA修了

★セミナー内容

  •  光合成の意味
  •  植物とのコミュニケーション
  •  父なる木と母なる木
  •  エレメントと妖精
  •  ポータルTree(次元の入り口)
  •  土を癒して庭を準備する
  •  植物を癒す
  •  ハーブと薬草
  •  食べ物を祝福する
  • 電磁波、放射能を光に送る

 

<オプション>

酵素作り (講習料は無料です。別途材料費だけいただきます)酵素とは(中山ファームHPより)

★野外授業 自然の中で植物たちとコミュニケーションをとったり、マザーツリーを探したり、妖精とコミュニケーションをとったりと野外での授業もお楽しみ!

★自然農園散策(いのちの森セラピーロード散策) 水輪の自然農園を散策するととても気持ちよく、大地のエネルギーをたっぷりもらえます。

水輪ストーンサークル 世界12箇所に作られた平和と祈りのサークル。ドランヴァロ・メルキゼデク博士(フラワーオブライフ著者)により、イヌイット、ネイティブアメリカン、日本の古神道のつながりを復活させるサークルとして、約70名の外国人参加者により、1996年水輪に作られました。

善光寺参拝

日程表 

日程

行程

クラス内容

宿泊先

1日目

新宿西口  8:30    集合
新宿出発: 8:50

長野到着:12:32

長野駅から水輪へ (タクシー)
水輪到着:13:15

夕食:18:00~19:20

入浴:19:30~21:00  館外

むれ温泉:天狗の館

集合場所:

新宿高速バスターミナル

(MY新宿第二ビル1階)

新宿西口改札より徒歩2分

13:30~14:00 オリエンテーション

14:00~18:00 プランツ   4

4

水輪(Suirin)

長野市大字上ヶ屋
2471番地2198

026-239-2630

2日目

朝食:9:00~9:45

水輪出発:13:00

予定①善光寺参拝グループ

長野善光寺大門到着:13:20

善光寺参拝・参道散策
13:20~14:35

善光寺大門出発:14:40

新宿到着:18:40  解散

予定②直帰グループ

長野駅到着:13:40

長野駅出発:14:00

新宿到着:17:40  解散

7:00~8:45  畑見学・ホピ族サークル

10:00~12:00 プランツ・酵素作り

               2

12:00~12:45 シェアリング

               2

Total:6

1日目のお昼は、バスが途中ドライブインに寄りますので、そちらでお弁当調達。持参いただいても結構です。

1日目:希望者は、21:15~22:00 座禅瞑想が可能。

 2日目のお昼は、①コースは善光寺参道近辺で。②コースは、水輪からのおにぎり+駅近辺で調達し、バス車内で。

  シータヒーリングを学ぶならカモミラウェルネス

お問い合わせ info@chamomilla-wellness.com

お申し込みは下記の事項も書いてください。

  • お名前
  • 住所
  • 当日連絡がつく電話番号
  • メールアドレス(基礎の時に記入した、thinkに登録されているもの)
  • 酵素を作るかどうか(量は1人1~2kg程度を予定してます。)
  • 帰りに①善光寺に行くか又は②直帰するか。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ