花粉症対策 花粉症のためにできること

こんにちは。カモミラ@長内優華です。

今日も花粉が多いようですね!花粉症の方にはつらい時期かもしれません。
実は私は30年前に花粉症を発症しました。
結構ひどい花粉症でくしゃみ、鼻水はもちろん、目もかゆいし、肌が敏感になるので、市販の化粧品とか使うと肌がヒリヒリ赤くなってしまっていて、鼻水のために鼻の下も赤い、頭もぼーっとするといった感じでした。
30年前からマスクとサングラスをしてだいぶ怪しい人にみえていたと思います。
シータをやり始めてからだいぶよくなりました。
私の場合は発症した原因となる出来事が父の会社の倒産で自分の身は自分で守らないといけないと強く思ったのがきっかけでした。
そこのクリアリングもしました。

の中にあった思考パターンは下記のようなもので→の思考パターンに置き換えました。

  • 花粉症だと自分の身を守ることができる。→健康で自分の身を守ることができる。
  • 自分の身は自分で守らなければならない。→自分の身は自分で守ることも選択できる。
  • 花粉症だと安全です。→健康で安全です。
  • 花粉症だと強く生きることができる。→健康で強く生きることができる。
ネトル(イラクサ)のハーブティーはミネラルも豊富でアレルギーにいいのでお勧めです。
私は葉っぱごとご飯に混ぜたりして食べてしまいます。(じゃこや梅とかと一緒に)
あとは、発酵食品もお勧めです。
腸をきれいにしておくのも有効だと思います。
 
  • あと、ヴァイアナさんが言っていたのは、アレルゲンを持ってこれは私には無影響です。とダウンロードすればいいと言っていました。
  • 以下は病気と症外に出てくる文献です。

花粉症 Hay fever

アレルギーは、ある異物との接触に反応する免疫システムによる過剰反応を言います。

アレルギーを引き起こす物質は、アレルゲンと呼ばれます。アレルゲンの例としては、花粉、イエダニ、カビ、動物などのフケ、食品があります。

アレルギーという言葉を理解するために、アレルゲンは体にとって異物であり、ある種の人にアレルギー反応を引き起こすことを覚えておくことが重要です。

アレルゲンが体に接触すると、それにアレルギーを持っている人には、それが原因で免疫系が反応を引き起こします。

通常なら他の人には無害なアレルゲンに、あなたが不適切に反応するとき、あなたはアレルギー反応を持っており、アレルギーの、あるいはアトピーの人だと言われます。

免疫システムは、外部の侵入者、特に感染に対抗する、体の組織化された防衛メカニズムです。その仕事は、それらの抗原と呼ばれる異物を見分け、反応することです。

抗原は抗体の生産の原因となることができる物質です。抗体はアレルギー反応に結びつくかもしれませんし、そうならないかもしれません。

アレルゲンは、アレルギー反応の原因となるある種の抗原です。免疫システムの目的は、侵入を受けたところにその力を動員し、敵を破壊することです。

この仕事をする一つの方法は、抗体と呼ばれる防御のためのたんぱく質を作ることであり、抗体は特異的にある決まった異物に対して誘発されます。

それらの抗体は異物の表面に付着します。

それによって、他の免疫細胞が異物を破壊することが容易になります。

しかしアレルギーのある人は、猫のフケなどの、ある種の通常なら害にならない異物に反応する、ある型の抗体を作り、必要以上にたくさんの抗体を産生し、ヒスタミンや他の化学物質の過剰生産を起こします。

これらの化学物質が結局、炎症及び典型的アレルギー症状の原因となります。このように、アレルゲンに刺激されたときに免疫システムが過剰になりアレルギー反応を起こす準備となります。

アレルギーを患っている人は食べ物を試すべきです。

なぜなら食べ物にアレルギーを持っているかもしれないからです。

人によっては肉にさえアレルギーがあります。 人によってはアスピリンにアレルギーがあります。

しかし一方で、少量のアスピリン摂取はアレルギーをクリアにします。

赤と黄色の色素は私たちの環境で最もありふれたアレルゲンです。

なぜならそれが入っているのは、私達の食べ物だからです。

食品の保存料もまた、アレルギーの原因となります。

アレルギーを起こすことを防ぐベストな方法は、あなたの子供に泥で遊ぶことを許すことです。

子供達に環境に慣れさせましょう。

人がアレルギーを起こすひとつのケースは体が慣れないような完璧に違った環境へある場所から他の場所へ引っ越すことによります。

アレルギー-サプリメント及び治療

  • アシドフィルス菌及びALAはアレルギーを持っている人に役立つサプリメントです。
  • ケルセチンはアレルギーによっては有効ですが、アレルギーの薬を服用していない場合に限ります。
  • もし薬を服用しているならばビタミンを補う必要があります。ほとんどのアレルギーの薬は必須ミネラルやビタミン類を奪う副作用があるからです。ビタミンAとビタミンCはアレルギーを治すのにとても重要です。しかしながら、一度に2,000 mg以上のビタミンCは体が吸収しません。ビタミンC の取りすぎは腎臓に良くないですが、一日あたり5,000から7,000 mgの摂取はアレルギーの人には有用で、鼻水を止めることができます。
  • 麻黄(マオウ)は場合によりアレルギーに役立ちます。しかし、使用には十分注意してください。心臓に問題を抱えている人は特に注意してください。
  • 私はアレルギーの人にアシドフィルス菌を摂ることを勧めます。食べ物の分解、消化を助けます。
  • イラクサは私が発見したアレルギーに最高に良い物です。
  • アレルギーに悩んでいる人は食べ物をいろいろ試してみると良いでしょう。もしかしたら食物アレルギーかもしれませんし、肉にアレルギーを起こす人もいます。
  • 水に亜鉛を適量入れることをお勧めします。

 
ask

fbname

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ