応用DNA 何でたくさんダウンロードするのか? 

 

こんにちは。カモミラ@長内優華です。

セミナーの登録をしていたら今回の応用セミナーは131個目のセミナー登録になりました。

THInkのホームページで登録するシステムができた2011年からの登録でこの回数ですから、2009年に基礎、応用のインストラクターをとったわけですから、2009年からのセミナー回数を入れたらいったいどれだけセミナーを開催したことか!自分でもびっくりです。

開催の回数を重ねるごとに自分の学びになることはもちろん伝える内容もより深くできるように、ヴァイアナさんの意思を伝えられるようになってきたかと思います。テキストに書いてある奥がわかる感覚があります。やればやるほどシータヒーリングはおもしろい!!

さて、応用DNAではたくさんの感覚感情を呼び覚まします。

応用DNAは以前はDNA2.5と呼ばれていました。DNA3の前に必要だからという位置づけです。

DNA3では水の味を変えたり、念動で物を動かしたり、バイロケーションしたりする練習をします。

 ヒーリングが引き起こされるために、時間を曲げたり、ものを動かしたりなどが出来ることを可能とするために必要な美徳を成長させておくことも重要です。

ヒーリングの能力は他の人のハートの中が観ることができた時にやってきます。素晴らしいヒーリングは自由意思の法則に基づいて可能となります。卓越したヒーラーとなるためには新年、感謝、受容、感激、望み、献身、親切、観届ける姿勢、自制心、慈愛、許し、愛が必要です。(存在の層のテキストより)

つまり、たくさんの感覚感情を呼び覚ますのはヒーリングをする上で必要なことを呼び覚ましているわけです。法則を曲げたり、能力を使えるようになるには美徳が必要です。応用の感情感覚の呼び覚ましにはたくさんの美徳に関わる呼び覚ましもします。

シータヒーリングを学ぶならカモミラウェルネス

潜在意識に働きかけ、心と身体と魂を癒すシータヒーリングのカモミラウェルネス

潜在意識に働きかけ、心と身体と魂を癒すシータヒーリングのカモミラウェルネス

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ