デトックス効果のあるハーブ

タンポポ タンポポの根は、肝臓の洗浄薬や穏やかな緩下剤とされ、慢性的な皮膚疾患(ニキビなど)や関節炎によく利用されます。「むくみ取りハーブ」としても昔から使われており、水分代謝を活発にして腎臓から尿として水分を排泄する働きを高めます。胆汁の分泌を多くすることでも知られており、便と一緒に体外に排泄される水分量を増やします。
ミント 強い消毒作用をもっています。動悸、胆汁酸、胃弱、膨満感にも用いられてきました。
ネトル 血液循環を促進し、毛細血管まで血液をめぐらせます。クロロフィル、ビタミンA、C、D、Kや鉄が豊富です。消毒作用もあり感染症と戦います。呼吸器系の不調や咳、風邪、気管の鬱滞、利尿に有効です。
マリアアザミ(ミルクシスル) ヨーロッパ南西部原産のハーブで、ヨーロッパでは何百年にも渡って「身体を内側から掃除するハーブ」として重宝されてきました。オオアザミの種子は、研究の結果肝臓を守る効果が高いとわかっているシリマリンが豊富で、汚染物質や毒素によるダメージと闘うのを助けます。シリマリンの抽出液は肝硬変や肝炎の治療に使用されます。オオアザミの種子を摂取することで、アルコールの飲み過ぎによる肝臓の衰弱に対処し、コレステロール値を減らし、胆嚢の炎症を和らげます。オオアザミはビタミンEよりも強力な酸化防止薬であり、遊離基による組織へのダメージを防ぐのに役立ちます。
その他、コリアンダー、フェンネル、ジンジャー、ウコン、ゴボウ、クローバー、シナモン、クローブなど

 

天然鉱物のゼオライトが体内の重金属とイオン結合し、無機物として包み尿で排泄する。

 

http://chamomilla-wellness.com/

解毒(デトックス)
有害ミネラルとは カドミウム
有害ミネラルとは 水銀
有害ミネラルとは 鉛
有害ミネラルとは ヒ素
有害ミネラルによる障害
有害ミネラル アルミニウム
有害ミネラル汚染防止のために
有害ミネラルの解毒のための栄養療法
有害ミネラルの毒性軽減
有害ミネラルの排出を促す
デトックス拮抗ミネラルを多く含む食品
有害ミネラル被害に対抗する体内環境の整備
栄養療法の効果を高める生活習慣 代表的なデトックス食材について
デトックス食材について
デトックス効果のあるハーブ

ask

fbname

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ