体重増加を引き起こし得る処方薬のリスト

こんにちは。カモミラ@長内優華です。

以前私はリウマチだったので、薬を飲んでいました。

ヴァイアナさんが喘息のために飲んでいたプレドニゾンも飲んでいました。
甲状腺機能低下症ということもあり、6kg太りました。
ヴァイアナさんは30kg太ったらしいです。

以下はリズムの本に書いてある一部の人は太る原因になるかもしれない薬のリストです。

**********************************

体重増加の医学的理由
心理的障害や、少数の例では主に遺伝子や内分泌疾患、インシュリン抵抗性と同様に、甲状腺の問題は肥満を引き起こし得ます。プレドニゾンのような特定の薬物は肥満を引き起こすと、私は気がつきました。以下は、一部の人々に体重増加を引き起こし得る処方薬のリストです。

・ 抗うつ薬(モノアミン酸化酵素阻害薬)
・ 抗胸焼け薬:ネキシウム、プレバシッド(一部の人々の体重減少を引き起こすことがあります!)
・ 抗精神病薬:Absenor、クロルプロマジン、バルプロ酸、Orfilir、パキシル、ジプレキサ
・ 反発作薬:デパコート、抗てんかん薬
・ 交感神経β受容体遮断薬(高血圧のための):カルデュラ、インデラル
・ 乳がん薬:ノルバデックス、タモキシフェン
・ コルチゾンとプレドニゾン(リウマチとアレルギーのために使用されるもの)
・ エストロゲン:Follimin、Follinett、Neovletta
・ 2型糖尿病のためのインスリン:アクトラピッド、ヒューマリン、インスラタード・ リチウム:双極性障害のためのもの
・ 偏頭痛薬:バルプロ酸、Sandomigrin、トリプチゾール
・ 気分安定薬:シタロプラム、Elavil、セルトラリン、トフラニール、Xeroxat、ゾロフト
・ リウマチの薬:エンブレル、エタネルセプト
この情報は、あなたを不安にさせることを意図していません!多くの人は、薬のために体重が増えることはありません。しかし、従来の医療従事者は、一部の人々が特定の薬の使用後に体重増加を経験したと率直に認めました。薬をやめなさい、という訳ではありません―それは医師と話し合われるべき選択です。
体重増加を引き起こすもので、度々見落とされているものが他にもあります。遺伝子と人の信念体系です。これらについては後にさらに詳しく考察します。

<<リズムの本より>>

ask

fbname

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ